妊娠中にアロマの良さを覚えた

妊娠中はから、つわりや便秘、下痢、腰痛、肌荒れ、ホルモンバランスの乱れなどの体の悩みやトラブルが起きやすい時期でもあります。様々なトラブルはストレスをためる原因にもなってしまいます。

ストレスをためてプラスなことって少ないですよね。そんな妊婦さんにおすすめなのがアロマによるリラックスタイムです。リラックスる時間を作るだけでストレス軽減にもつながってくるかもしれません。

リラクゼーションサロンやアロマテラピーを体験した方ならわかるかもしれませんが、アロマはただ香りを楽しむだけではありません。芳醇な匂いを嗅いで大脳に作用し、気化したエッセンシャルオイルを吸入することで、その成分を体内に取り込み、さまざまな効果が期待できます。

リラクゼーション効果で有名ですが、自律神経系ケアでも知られています。当然、妊娠中もしっかり取り入れたいのがアロマで、リラクゼーションやストレスを和らげるために使用されます。

妊娠中にOKなアロマとしてはレモン、オレンジ、ローズウッド、ベルガモット、ネロリ、マンダリンなどがお薦めとされています。

逆に妊娠中にNGなアロマとしては、ジャスミン、ローズマリー、ラベンダー、カモミール、フェンネル、セージ、ペパーミント、ゼラニウムなどがNGとされています。

エッセンシャルオイルの種類の中には、子宮収縮を促したり、通経作用(生理を促す作用)があるものもあるのでこの点は注意が必要ですね。

アロマテラピーの選び方ですが、100%植物から抽出されたエッセンシャルオイルを使用するのが安心でしょう。 「アロマオイル」などの商品名の商品の中には、似たような香りの合成油もあります。化学物質を含むオイルを使用するのは、効果面からみてもあまりお勧めできません。

また、遮光性の瓶に入っていると安全性も高く安心ですし、アロマテラピーの専門店で手に入れるのが良いでしょう。

また、アロマではないですが、妊活中や妊娠中の栄養補給としてウムリンが注目されていますね。ウムリン配合のumuなら隙間時間で妊活中や妊娠中に必要な栄養をキュッと補給することが出来ます。ウムリンumuの口コミや効果についてはウムリンumuの口コミ・効果まとめ【40代にもエビデンスあり?】で紹介していたのでウムリンを飲んでみたいと思っている方は是非参考にしてください。

カテゴリー: 美容 パーマリンク